宣伝効果が高くコスパ良いのぼり旗を複数パターンで製作依頼しよう

宣伝効果が高くコスパ良いのぼり旗を複数パターンで製作依頼しよう

オリジナルののぼり旗の製作にかかる費用は?

準備中ののぼり旗を持つ女性

既製品で欲しいデザインが見つからなかった時や、お店や会社の名前を入れたものが作りたいというような場合に便利なのがオリジナルののぼり旗を製作してくれる専門店です。データをアップロードして注文するだけで、世界に一つだけのオリジナルののぼり旗をすぐに製作する事が出来ます。しかし利用した事が無い方だと、オリジナルで作ってもらうという事は高いのではないか、と心配になって業者の利用を躊躇ってしまうかもしれません。のぼり旗は既製品が大体一枚1000円しないくらいが専門店での一般的な値段ですが、オリジナルのものでは1000円から3000円くらいが一般的な価格帯となっています。既製品より若干高めではありますが、オリジナルデザインの場合には発注枚数が増えると一枚当たりの価格が下がるのが普通で、ある程度の枚数をまとめて発注すると既製品と同等かそれ以下に下がる事もあります。なお、オリジナルでのぼり旗を製作する場合には自分で一からデザインをして入稿するのではなく、専門店の方でデザインしてもらう事も出来ます。ただその場合にはデザイン料が上乗せされるので注意しましょう。費用的には既製品よりは若干高めでも1000円から3000円と手ごろなので、オリジナルののぼり旗の製作は専門店に依頼して世界に一つののぼり旗を手に入れてみましょう。

思い通りのオリジナルののぼり旗を製作してもらえる業者を選ぼう

オリジナルデザインののぼり旗の製作は専門店に依頼するわけですが、インターネットで探してみると分かりますが、結構業者の数は多いものです。値段も違いますし、作れるのぼり旗の種類も違うのでどこを利用したらいいのか迷いがちですが、大切なのは自分が求めているのぼり旗を製作してくれる業者を選ぶという事です。特にお店にとってはのぼり旗は集客を左右する大事なアイテムですので、出来上がって見たら思っていたのと違う、というような状態になってしまうと困ります。まずのぼり旗の専門店を利用する事が大事です。のぼり旗は印刷関係の業者だとやっている所が多いのですが、やはり専門店と比べると業務の一部でのぼり旗を作っている業者ではクオリティが低いです。また印刷そのものは良くても、のぼり旗の素材やデザインが選べなかったりします。専門店では形状やサイズも様々ですし、オプションで布地の種類や印刷の手法などあらゆる部分に選択肢があるので、好みにピッタリなのぼり旗が製作できます。またデザインの面で言えば、専属のデザイナーがいるお店を利用した方が、納得のいく見た目にしてもらえる可能性が高くなります。自分でデータを作るのを除けば、最終的には専門店側のスタッフによる仕上げとなります。その時に素人がやっているのと、デザイナーがやるのとではデザイン的なクオリティに差が出てきますので、専門のデザイナーがいる所の方が好ましいです。

のぼり旗は必ず複数製作してもらうように依頼しよう

町中を歩いていると、色々な業種のお店が、自社の商品やサービスをアピールするのぼり旗を立てていることに気が付きます。場合によっては全く同じのぼり旗を複数個並べて置いていたりして、冷静に考えれば一体何の意味があるのかと思ってしまうかもしれません。ですが、これはあくまで冷静に、そして穿った見方をすればこその発想です。通常、のぼり旗とは通行中に、何も考えず無意識に視界に入り込んでくるものです。通行中にも色々あって、徒歩、自転車、自動車と、移動速度が速くなるにつれて、のぼり旗が目に入る時間も一瞬のものになっていきます。そんなのぼり旗は広告媒体のなかでもたいへん特殊な立ち位置にあって、ただそこにあって無意識の感覚に訴えるというような性格をしています。ですから、その意味で複数個ののぼり旗を製作することは、無意識に繰り返し訴えるという点で非常に効果的な方法なのです。むしろ、製作費用をケチって、1つだけののぼり旗を置いていれば、印象に残らないどころか、大してアピールする気がないとすら無意識に思われてしまいかねません。のぼり旗の製作は専門店に依頼することが一般的ですが、デザインや仕様さえ固まってしまえば、量産することのコストは幾分か抑えが効くはずです。無意識の通行人の記憶に確かに入り込んでいくために、複数ののぼり旗を設置して物量作戦を取ってみてはいかがでしょうか。

手打ちそばののぼり

オリジナルのぼり旗を製作して集客に役立てよう

効果的なお店の宣伝についてお悩みはないでしょうか。 お店のメインとなる商品の宣伝、お得なサービスの紹介、期間限定商品のアピールなど、できるだけ多くの人に知ってもらいたいものです。し…

MORE

オススメ記事

更新記事

TOP